スピルリナって何?

スピルリナは世界中で「有効な食料資源」と考えられているスーパーフードの1つです。実はメキシコやアフリカでは、何千年も前からスピルリナは常食されていました。

 

スピルリナは海水の5倍以上の塩分を含んだ「塩湖」に自生している藻の一種です。その歴史は古く、数十億年前から地球に存在していた原核生物です。顕微鏡でみるとわかりますが、一つ一つがらせん状の形をしているため、ラテン語のらせんを意味する「スピルリナ」という名前で呼ばれるようになりました。

 

世界で注目されたのは今から半世紀ほど前の1969年。第七回国際石油会議(メキシコ)でフランス国立石油研究所のグループがスピルリナの研究発表を行ったことに始まります。その後、フランス国立石油研究所は大規模なプロジェクトを立ち上げ、IFP方式と呼ばれる培養方式によって大量培養を実現しました。その後、1974年の国連世界食糧会議では、未来をになう食料資源として話題に上がり、再びスピルリナは脚光を浴びます。

 

スピルリナはその栄養価の高さから今では世界中で注目されており、スーパーフードとして人気を集めています。海外ではセレブなどが健康維持のためにこぞってスピルリナを摂取しているほか、日本でも少しずつ認知度があがっており、サプリメントなどがよく売れています。

 

スピルリナの効果・効能は?

スピルリナの効果・効能については、大阪市立大学、国際自然医学会、富山医科薬科大学、国立石油研究所(フランス)など、世界中の医学研究発表がされています。

 

アレルギー抑制作用

スピルリナにはクロロフィル(葉緑素)が豊富に含まれています。

 

クロロフィルにはアレルギーのもとになるヒスタミンをきれいにする効果があることがわかっており、花粉症やアトピー、アレルギー性のニキビなどを抑制する効果が期待できます。

 

便秘の改善

スピルリナは藻の一種なので、食物繊維も豊富に含んでいます。そのため、便秘・便通の改善効果が期待できます。

 

現代はさまざまな栄養が不足しがちですが、特に食物繊維の不足が叫ばれているので、スピルリナはそのサポートになるでしょう。

 

貧血改善効果

スピルリナはクロロフィル(葉緑素)の含有量が多く、なおかつ鉄分も豊富に含んでいるので造血効果・効能が期待できます。

 

鉄分不足での貧血が続いているようなら、毎日スピルリナを飲むことをおすすめします。

 

ダイエット効果・効能

スピルリナは水分を含むと膨らむ性質があり、食前に食べることで摂取カロリーを減らす効果があります。

 

近頃話題のチアシード・キヌアなどと似た性質で、ダイエット効果も注目されている点の1つです。

 

活性酸素の除去効果

人間の体は60兆もの細胞からできていますが、細胞一つ一つにミトコンドリアと呼ばれるエネルギー生産工場があります。ミトコンドリアは酸素を使用してエネルギーを生み出していますが、その過程で「活性酸素」と呼ばれる活性の強い酸素を作ってしまいます。

 

この活性酸素が脂質を結びつくと過酸化脂質という有毒物質に変化してしまい、細胞膜や遺伝子を傷つけると言われています。生活習慣病などの原因の一つに「活性酸素」があげられるほど、健康においては「気がかり」な要素なのです。

 

スピルリナにはその活性酸素を抑制する効果・効能があることが指摘されており、生活習慣病予防につながるのではないかと推測されているのです。